「FPの家」と「ふつうの家」の違い

耐震・耐風性 断熱性 耐久性 耐火性 計画換気
 耐震・耐風性       地震・台風に耐える堅牢さの秘密は、
                             床・壁パネルの卓越した強度にあります
普通の家 FPの家
一般在来軸組は、点・線構造で支え、
外力負担が大きい
パネルと硬質ウレタンの一体成形構造が、
強さの秘密
柱や梁の軸で構成される一般在来軸組は、外からの力に対して点や線で支えているため、荷重負担が大きく、変形す量も大きくなります。変形することで外力に対抗するのが在来軸組みの特長。日本の住宅の大部分を占める軸組み工法は、地震による揺れに対して一緒に揺れることで外力を緩和させています。しかし、阪神大震災のような大型地震になると、その柔構造の限界を超えてしまいます。 FP軸組工法は、硬質ウレタンと一体成形したウレタン断熱パネルを、柱や梁に組み込んでいるのが特長。一般在来をはるかに超えた強度を誇ります。軸とパネルを一体化した箱構造が、木の住まい特有の粘り強さと強い剛性を備えています。外力をパネルの面全体で受け止め、力を四方に分散させるため、地震台風に抜群の強度を誇ります。
点と線構造による軸組は、水平力や鉛直加重に対して、柱と筋交いに力が直接加わるため、局所に力が集中します。 軸とパネルの一体成形構造が、壁面全体で外力を受け止めるため、壁の変形が少なく、耐震性・耐風性がアップします。

 戻   る

  断熱性      ウレタンの高断熱・高気密性能は実証済み。
                         外気に影響されにくい快適な居住性。
普通の家 FPの家
施工状態によって断熱性能・機密性能が変わります。暖房室と非暖房室の温度差が大きく、冷暖房費が多くかかります。 ウレタン断熱パネルの断熱性能・機密性能は施工状態によるムラが少なく、安定しています。各室の温度差が小さく、冷房費も少なくてすみます。
施工ムラのないウレタン断熱パネル
グラスウールによる住宅は、施工ムラにより、断熱性能や機密性能の低下が著しい。
その点、FPの家ではウレタン断熱パネルによって高断熱・高気密化されるため、施工ムラが極めて少なくなります。
硬質ウレタンの使用温度範囲が、約-200℃〜140℃程度と住宅の断熱材としては申し分のない温度範囲となっていますが、グラスウールは、約10℃〜340℃であり日本の風土にあまり適しているとはいえません。
ウレタンの高断熱性能は、冷蔵庫でも実証済み。
硬質ウレタンは独立した微小な気泡の集合体であり、冷蔵庫などの断熱材としても使用されています。
ウレタンの断熱性能は、製造後2〜3年を経て、安定した数値となり、これ以降断熱性能にほとんど変化は見られなくなります。その安定した数値でウレタン断熱パネルは、グラスウール100m/m(10kg/m3)の約2倍、50m/m(10kg/m3)の約4倍の断熱性能があります。
     

 戻   る

  耐久性  独立気泡構造の硬質ウレタン断熱パネルは給水率が低く、
                                    壁体内結露がありません。
普通の家 FPの家
グラスウールによる住宅は、断熱・気密化工事を正しく行わないと、壁体内に湿気が侵入し、外壁側の冷えた空気に触れて体内結露を起こし、断熱性の低下だけではなく、遂には土台・柱を腐らせてしまいます。 FP軸組工法に使用するウレタン断熱パネルは、パネル自体が気密層であり、その断熱性能と相まって、壁体内結露とは無縁。木材を腐らせることもありません。

壁壁内結露による、グラスウールのずり落ちと木材の腐れ

湿りやすく、乾きにくい、グラスウール 10年たっても変わらないウレタン性能。
一般住宅の断熱材といえば、ほとんどがグラスウールを指していました。ところがこのグラスウールが大きな原因になっています。グラスウールは、保水・吸湿性が高く、一度湿ってしまうと断熱性能も低下してしまいます。
壁の中にある断熱材が、内部結露によって水分を溜め込み、カビ・ダニを発生させるだけでなく、落下して土台を腐らせることになります。この結果、断熱性能が低下するだけでなく、家そのものをダメにするという最悪の事態を引き起こす原因となります。
10年前の「FPの家」の外壁ウレタン断熱パネルを取り出し検証しました。ウレタン断熱パネルが10年間ほとんど劣化変性することなく、施工時と全く変わらない様子がわかります。道立試験場での測定でも、高気密・高断熱などの高い性能が維持されており、壁の内部も異状がなかったという結果が出ています。ウレタン断熱パネルが、長期間にわたって家を守り続けることが証明されました。

壁体内結露を防ぎます。

ウレタン断熱パネルは、独立気泡の集合体構造であり、水や湿気の浸入を防ぎ、吸湿による断熱性能の低下がありません。優れた防水・防湿性により、壁体内結露を防ぐため、木材の腐朽や痛みが少なく、高い耐久性を発揮します。

通気層による雨水、腐食防止。

通気層を設けることにより、外から入り込む雨水などから構造体を守り、しかも構造用パネルの腐食を防止します。

水を通さない、透湿防水シート

通気層に使用される透湿防水シートはその防水性により、雨水などから構造用パネルを守り、しかも湿気を通すための、吸放湿性を妨げません。

吸水性に富むグラスウール繊維は、水分の腐敗およびカビを発生させ、密着する木材に腐食劣化を促進させることになります。また、施工時の状態は、経年で重力により徐々に下方に落下し、断熱および気密性能は格段に劣化します。

 戻   る

  耐火性  優れた耐火性。硬質ウレタンが、火に強いという事実。
普通の家 FPの家
一般的住宅は、壁体内に隙間があるため、火が伝わりやすく、FPの家は、壁体内に隙間がないため、ウレタンの表面が炭化するだけで、燃え広がりにくい。
グラスウール、発泡ポリスチレン、硬質ウレタンの断熱材を、ガスバーナーにより燃焼比較実験をおこなったところ、グラスウールは奥深くまで燃え進み、発泡ポリスチレンは燃え広がり、さらに溶け出して穴が大きく広がりました。硬質ウレタンは表面が炭化するだけで燃え進みません。いかにウレタンが火に強いかがわかります。
火災に強い、ウレタン断熱パネル。
ウレタンパネルの発火温度は、木材とほぼ同様、250℃前後の範囲。しかもパネル内はウレタンが隙間なく充填されているので、燃えるために必要な酸素が供給されず、グラスウール材のように火が壁体内を走ることがありません。
また、ウレタン発泡体そのものが難燃剤によって自消性を高めてあるため、万が一火災となっても、表面が炭化した状態になるだけで、それ以上に燃え広がりにくい断熱材です。

 戻   る

  計画換気  計画換気システムにより、常にクリーンな室内環境を実現。
 高断熱・高気密住宅に
 不可欠な計画換気。


高断熱・高気密と不可欠な関係にあるのが、計画換気です。いつでもどこでも快適であるため、FPの家は、「高断熱・高気密・計画換気」を基本思想としています。適正な換気システムを用いることで、人間が快適な生活を過ごしていく上での必要な空気量(1人あたり30m3/h)は、計画的に確保されています。
■換気システムの種類
セントラル換気システム

このシステムは、ダクトファンにより汚れた空気を排気し、各室の給気口から屋外の新鮮な空気を取り入れます。冷暖房は別途に設置します。地域を問わず、高断熱・高気密住宅の場合には、最低限必要な設備です。
熱交換換気システム

冷暖房を、別途設置のエアコン等で行うシステムですが、熱交換換気ユニットによって給排気を行いますから、室内の冷暖房環境を損なわずに計画的な換気と省エネルギー効果が望めます。
熱交換換気冷暖房システム

このシステムには、寒冷地用として、冷房抜きの温水システム。準寒冷地や都市向きで、冷房は内臓エアコンで行う温水+冷専式。一般地域として、ヒートポンプで冷暖房を行う3パターンがあります。

戻   る  「FPの家」へ戻る  貸室情報へ戻る  建売情報へ戻る